角膜の厚みによってはレーシックを受けられない

レーシックの手術を受けることが出来ないケースとして、まず挙げられるのは角膜の厚みが足りない方となります。
自分の角膜は事前の検査によって知ることが出来るので特に問題はありません。 時代の最先端の技術によって実施されるレーシックは他の手術と比べてリスクの低い治療方法と言えます。
ただし必ずしもレーシックで視力を回復することが出来るというワケではありませんので、知識を覚えておきましょう。
レーシックの手術で角膜をレーザーで削ってしまった後でも、十分な厚みを持っていれば再手術をすることが出来ます。
この角膜の厚みが十分にあるかどうかということを、クリニックではしっかりと検査してくれます。

 

レーシックの手術では、角膜の形をレーザーによって調整をしていくことになります。
目に入ってくる光の屈折する角度を調節していき、視力を矯正するという手術方法なので角膜は非常に重要な部分となります。



角膜の厚みによってはレーシックを受けられないブログ:12 5 2021

一人の人間によって
基本的言語体系が娘の頭の中に入ってくる以上、
一人の人間だけが娘を育てることは
逆にいえば非常に危険である。

もしその母親が間違った考えを持っていれば、
その子はその間違った考えを教え込まれてしまい、
それを修正する機会を失ってしまうからだ。

自分の家にパパと母親が揃っていれば、
自分の母親といえども、自分のパパから
その意見を覆される姿を見ることができるので、
自然と母親の間違った意見を否定していくことができ、
正しい物の見方ができるようになる。

大事なことは
正しい物の見方を身につけることであって、
誰かの意見を鵜呑みにすることではないのである。

祖父母がいると、
娘は温和になると言われている。

自分の親だけではなく、その祖父母によって喋りかけられれば、
娘は親の意見が絶対に正しいものではないということが解り、
違う考え方も存在するのだということに気付く。

しかも祖父母は親よりも人生経験が豊富だから、
生きていく上で様々なことを学んでいくことができる。

祖父母というクッションがない娘は、
どうしても思考が硬直しやすいので、
核家族で育って来た人々というのは、
狭い考え方の持ち主が多く見受けられる。

政治家が「社会保障の充実」を叫べば、
それに追従してしまい、
それによってどのような弊害が出て来るかを
見極めることができない…

「貧富の格差があることはおかしい!」
「男女の性差があることは許せない!」と騒いでいる人たちも、
やはり娘の頃、核家族で育ってきたのではないだろうか?