角膜の厚みによってはレーシックを受けられない

角膜の厚みによってはレーシックを受けられない


角膜の厚みによってはレーシックを受けられない
レーシックの手術を受けることが出来ないケースとして、まず挙げられるのは角膜の厚みが足りない方となります。
自分の角膜は事前の検査によって知ることが出来るので特に問題はありません。 時代の最先端の技術によって実施されるレーシックは他の手術と比べてリスクの低い治療方法と言えます。
ただし必ずしもレーシックで視力を回復することが出来るというワケではありませんので、知識を覚えておきましょう。
レーシックの手術で角膜をレーザーで削ってしまった後でも、十分な厚みを持っていれば再手術をすることが出来ます。
この角膜の厚みが十分にあるかどうかということを、クリニックではしっかりと検査してくれます。

レーシックの手術では、角膜の形をレーザーによって調整をしていくことになります。
目に入ってくる光の屈折する角度を調節していき、視力を矯正するという手術方法なので角膜は非常に重要な部分となります。




角膜の厚みによってはレーシックを受けられないブログ:03 4 2021

1年ほど前に、家の車を買い替えようかという時、
あたくしが
「マニュアルミッションの車にしたい」
「どうしてもクラッチを踏みたい!」
と力説していたところ、
家内は「あたくしの乗りたい車にしよう」と言ってくれました。

普段は家内の方が車に乗る機会が多いので、
家内にとっては不便なのにもかかわらず、
あたくしが喜ぶからといって、そう言ってくれるのです。

その想いに触れた時、
あたくしは何とも言えない気持ちになったのを覚えています。

また、
あたくしが出掛ける時には、
家内はおにぎりを作ってくれます。

いつも何の気なしに食べていたのですが、
ある時、ふと
「家内は、どんな気持ちでこのおにぎりを作ってくれて、
あたくしに持たせてくれてるんだろう?」って。

その想いに触れて、
おにぎりを食べながら、
あたくしは涙が出そうになったことを覚えています。

それらを思い出した時、あたくしはハッとしました。

連日作ってくれるごはん…
出掛ける時にかけてくれる「いってらっしゃい」という声…
アイロンのかかったシャツ…

全てに家内の愛と想いが込められているということに改めて気づいて、
ハッとしたのです。

「あたくしはこんなにも愛されていて、
こんなにも大事に想ってもらっているのか!」

そして同時に気づきました。
あたくしの愛し方がいかに独りよがりだったか…ということに。

あたくしは家内のことが大好きで、
とっても愛しているのですが、その愛し方というのは、
あたくしが一方的にその愛情を与えるだけで、
家内の愛や想いというのを
全然受け取れていなかったんですね。

家内のことが好きだからといって、
その愛を家内に与えて、
それで一人で満足している部分があることに気づきました。

角膜の厚みによってはレーシックを受けられない

角膜の厚みによってはレーシックを受けられない

★メニュー

妊娠中や授乳時期のレーシック
ドライアイでもレーシックを受けられる
角膜の厚みによってはレーシックを受けられない
レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手
目の病気や疾患を持っている人
クリニックの環境でレーシックの失敗例
レーシックの種類によって適正が異なる
エキシマレーザーを使用するレーシック
治療費用でクリニックを比較しよう
最も適した治療方法をまずは探す


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)コンタクトはいらない!だってレーシックがある