妊娠中や授乳時期のレーシック

妊娠中や授乳時期のレーシック


妊娠中や授乳時期のレーシック
レーシックの手術自体は、妊娠中や出産した直後でも、十分に受けることは可能となっているのです。
しかし、基本的にどのクリニックに行ったとしても、妊娠中や出産直後の方のレーシック手術は断られてしまうことがあります。 最近になって視力を回復することが出来るという宣伝文句で数多くのサプリメントが発売されています。
中でも有名なのがブルーベリーですが、その根拠は一切無く、確実に近いのは今のところレーシック手術のみなのです。
妊娠中や出産直後の女性であれば、決して焦る必要はありません。
授乳が終わった時期に落ち着いてからレーシックの手術を受けるようにしましょう。

レーシックの手術が終わった後に使用される点眼は、少量ですが体内の赤ちゃんに吸収されてしまう可能性もあります。
なのでどんなにレーシックが可能と言いましても、妊娠中には避けるべきだと言えます。




妊娠中や授乳時期のレーシックブログ:13 9 2021

皆様は、
「寒天シェイプアップ」というのをこ存知ですか?

寒天は
食物繊維が豊富に含まれていて、
カロリーがほとんどなく、
少量でもがお腹満足するということで
シェイプアップに最適な食材といわれています。

これを積極的に取り入れて、
シェイプアップするという方法が「寒天シェイプアップ」です。

寒天は肉体にも良いので特に問題はないのですが、
必要以上に摂りすぎると良くないことも起こります。

一日に摂る食物繊維の量があまりに多すぎてしまうと、
過剰摂取によって、激しい下痢などを起こしてしまうそうです。

おいらの友達は、
寒天のほかにもいろいろと食物繊維を摂っていたため、
過剰摂取になって、
大変な目にあってしまったと言ってました。

食物繊維は、
発がん性の物質や有害なミネラルを
肉体から排出してくれる働きがあります。

しかし、過剰に摂取してしまうと、
有害物質と一緒に、
肉体に必要なビタミンや鉄分までも排出してしまうのです。

すると、ミネラルが不足してしまい、
貧血や味覚障害などを起こしてしまうこともあるんですよね。

成人の一日に必要な食物繊維の量は
約20g~25gということですが、
現代人は13g~18gほどしか摂取できていないそうです。

ですから、その不足分を補うために、
一日7g~8gを目安として寒天を摂ればいいということですね。

寒天シェイプアップをするときには、
このような過剰摂取のこともよく考えて、実践してくださいね。

規則正しくバランスの良い食事を心がければ、
きっと成功すると思いますよ。

妊娠中や授乳時期のレーシック

妊娠中や授乳時期のレーシック

★メニュー

妊娠中や授乳時期のレーシック
ドライアイでもレーシックを受けられる
角膜の厚みによってはレーシックを受けられない
レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手
目の病気や疾患を持っている人
クリニックの環境でレーシックの失敗例
レーシックの種類によって適正が異なる
エキシマレーザーを使用するレーシック
治療費用でクリニックを比較しよう
最も適した治療方法をまずは探す


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)コンタクトはいらない!だってレーシックがある