妊娠中や授乳時期のレーシック

レーシックの手術自体は、妊娠中や出産した直後でも、十分に受けることは可能となっているのです。
しかし、基本的にどのクリニックに行ったとしても、妊娠中や出産直後の方のレーシック手術は断られてしまうことがあります。 最近になって視力を回復することが出来るという宣伝文句で数多くのサプリメントが発売されています。
中でも有名なのがブルーベリーですが、その根拠は一切無く、確実に近いのは今のところレーシック手術のみなのです。
妊娠中や出産直後の女性であれば、決して焦る必要はありません。
授乳が終わった時期に落ち着いてからレーシックの手術を受けるようにしましょう。

 

レーシックの手術が終わった後に使用される点眼は、少量ですが体内の赤ちゃんに吸収されてしまう可能性もあります。
なのでどんなにレーシックが可能と言いましても、妊娠中には避けるべきだと言えます。



妊娠中や授乳時期のレーシックブログ:03 10 2021

太る時って、
あっという間に体重が増えてしまうもの!

ちょっと食べ過ぎると
5KGや5KGすぐ増えちゃうよ!っていう
女性も多いのではないでしょうか。

でも
その増えた体重・・・
元に戻すにはかなりの努力が必要ですよね。

だからといって
絶食や過激な運動を行うシェイプアップ法では、
からだを壊してしまう危険性もありますよ!

せっかく痩せてもからだを壊してしまっては、
大変なことになってしまいますね。

短期間に無理なシェイプアップをしたことによって、
そのときは大丈夫でも、
年齢とともに
からだの色々な部分に障害が起きてしまう場合もあります。

シェイプアップにはバランスが大切です。
バランスの偏ったシェイプアップには
リバウンドもつきものです!

理想の体型を維持するためには、
栄養バランスの取れたご飯を24時間3食ちゃんと食べて、
カロリーを消費するために、
自分に合った運動などを探して、
無理せず少しずつ体重を落としていきましょう。

最近は
テレビのシェイプアップ番組や、
シェイプアップ特集が組まれた女性雑誌なども多く、
シェイプアップに関する情報が満載ですよね。

肥満を解消するのは美容面だけではなく、
生活習慣病の予防にもなりますが、
中学生や高校生といった若い世代から
シェイプアップをする人が増えています。

育ち盛りで、食生活の栄養バランスが大切な時期の
無理なシェイプアップはとても危険です。

太りすぎは健康的にもよくありませんが、
無理なシェイプアップも危険!

健康に基本を置くことを最優先として、
無理がなく安全なシェイプアップ法を選びましょう。