目の病気や疾患を持っている人

レーシックを受けることの出来ないケースとしては、目に何らかの疾患を持っている時となります。
レーシックは、とても敏感な部分である目を取り扱うため、どうしても治療を受けられる人に制限が出てきてしまうのです。 レーシックは保険対象外となっているので治療を受けるためにはある程度まとまった費用が必要となってきます。
しかし保険が適用されるケースもあるので、まずはレーシックについていろいろと調べてみると良いでしょう。
緑内障や白内障の方や、またはぶどう膜角膜、ヘルペス性角膜炎を起こしたことがある方はレーシックを受けることが出来せん。
さらに角膜疾患を起こす可能性のある薬を飲んでいる方も断られてしまうことになります。

 

目に何らかの病気や疾患があったり、特定の症状があったりする場合は、治療を断念になければいけないことがあります。
これは事前の検査で判明しますので、担当医の決定に従うこととなります。

美少女フィギュア
http://fig-ad.com/



目の病気や疾患を持っている人ブログ:28 2 2021

以前、俺が行っていたのは、
置き換え減量。

一日3食のうち、1食または2食を
通常の食事の代わりに
低カロリーな食品へ
食事を置き換えるという減量法です。

置き換える食品はいろいろありますが
どの置き換え減量についても共通して言えることは、
リバウンドしやすい減量だということです。

1食分の食事を
低カロリーな食品に置き換えるので
一時的には痩せることができます。

でも、置き換え減量を続けていくと
総摂取カロリーは抑えられますが、脂肪とともに筋肉も減少するので
基礎代謝が下がってしまうんです。

基礎代謝が下がると
体が省エネモードになって、
消費エネルギーが低下するので
以前と食べる量が変わらなくても太ってしまいます。

なので、
置き換え減量を始める前よりも
太りやすい体になってしまうのです!

置き換え減量って
一生続けられるものではありませんよね?

止めた時から
リバウンドの落とし穴が待ち構えています。

また、
食事を置き換えることで
食べられない我慢からストレスが溜まると思います。
このストレスも、過食となるなど
リバウンドを引き起こす要因になりかねません。

長続きしない上、得られるものは
基礎代謝が落ちて、太りやすくなった体だけ…

頑張って減量をした結果
リバウンドしやすい体になってしまうのです!

その理由に納得できましたが
減量を頑張ったのに、太ってしまうなんて…
怖いですよね!

評判の良い減量だからと言って、
何でも飛びつかず
健康的に痩せられる減量を見つけましょうね!