クリニックの環境でレーシックの失敗例

レーシックのあまりにもひどい失敗例ですが、感染症に感染してしまうリスクはつねに付きまとうことになります。
中でも特に多くなっているのが角膜感染症であり、手術時に角膜に細菌やウイルスに感染してしまう症状なのです。 テレビや雑誌などでレーシックについて数々特集が組まれていますがやはり心配なのはその成功率ですよね?
実際のところ優良と言われているクリニックではほとんど失敗例が無く視力を取り戻している人は多くいるのです。
レーシックでの失敗例の多くがクリニックの衛生環境や管理体制が主な原因となっています。
ですので手術そのものの危険性よりも、クリニック側の問題と言えるのです。

 

フラップの作成やレーザーの照射時には角膜が無防備な状態となっているものですので、結果感染症にかかりやすくなります。
そのことから消毒や滅菌がクリニックでしっかり行われているかどうかということがポイントとなります。



クリニックの環境でレーシックの失敗例ブログ:16 8 2021

ダイエットには、
インナーマッスルを鍛えるのが効果的と言われますが…

インナーマッスルの「インナー」とは、
「内部の」「奥の」という意味があります。

人間の筋肉は身体の中心に近い部分・骨に近い部分から、
何層にも重なって身体を覆っています。

この中で、
比較的深い部分にある筋肉がインナーマッスルと呼ばれ、
どこか一つの筋肉を指している言葉ではなく、
身体の奥のほうにある筋肉の総称です。

インナーマッスルを鍛えることで
関節痛などの身体の痛みを解消する働きや、
バランスのとれた姿勢のよい美しい身体のラインを
作ることができます。

インナーマッスルは、
主に姿勢を細かく調節したり、
関節の位置を正常に保ったりするという働きをしています。

身体の各箇所には関節が存在していますが、
その間をしっかりつなぎとめて固定します。

インナーマッスルは
別名「姿勢保持筋」と呼ばれるほど
「姿勢」と関係が深い筋肉です。
あるべき正しい位置に関節を固定し、
本来の姿勢を維持します。

「急に激しい運動をして筋肉痛になった」
「日常的に運動をせず、四十肩だ」
そういう場面でも、インナーマッスルが発達していると
その痛みを和らげてくれる効果があります。

インナーマッスルを鍛える運動には、
「ピラティス」や「ヨガ」などがあります。

「ピラティス」は、
アウターマッスルを鍛えるのではなく、
身体の内側、深層部にある、
細く、長く、小さい筋肉に焦点を当てた運動法です。

インナーマッスルを鍛えると
身体にいいことがたくさんあります。

自分にあった方法で
インナーマッスルを鍛えて
健康的なダイエットを成功させましょう。

今日はおしまい!!!