クリニックの環境でレーシックの失敗例

レーシックのあまりにもひどい失敗例ですが、感染症に感染してしまうリスクはつねに付きまとうことになります。
中でも特に多くなっているのが角膜感染症であり、手術時に角膜に細菌やウイルスに感染してしまう症状なのです。 テレビや雑誌などでレーシックについて数々特集が組まれていますがやはり心配なのはその成功率ですよね?
実際のところ優良と言われているクリニックではほとんど失敗例が無く視力を取り戻している人は多くいるのです。
レーシックでの失敗例の多くがクリニックの衛生環境や管理体制が主な原因となっています。
ですので手術そのものの危険性よりも、クリニック側の問題と言えるのです。

 

フラップの作成やレーザーの照射時には角膜が無防備な状態となっているものですので、結果感染症にかかりやすくなります。
そのことから消毒や滅菌がクリニックでしっかり行われているかどうかということがポイントとなります。



クリニックの環境でレーシックの失敗例ブログ:26 4 2021

みなさまは
ホメオスタシス効果って知っていますか?

減量を始めると、
誰にでも
一時的に体重が減らないという停滞期が訪れてきます。

その停滞期の原因として考えられているのが、
ホメオスタシス効果と呼ばれるものです。

ホメオスタシス効果は
肉体の危機管理システムのことで…

環境変化にともなって、
人間の肉体は体温維持や血糖値の調節、浸透圧の調節など
さまざまな重要な肉体の機能を
正常に保つことができる働きを持っています。
その働きのことをホメオスタシスと言うのです。

ホメオスタシスは
1ヶ月で5%以上の体重減少があると、
最大限に働き始めるといわれています。

ホメオスタシス現象では、
ご飯から得られるエネルギーの吸収率を
高める働きがあります。

また
吸収する栄養が不足した時に、
肉体の中で消費するエネルギーを節約して
通常と同じ活動ができるようにします。

これらのことからホメオスタシス状態では、
ご飯量を減らしても
肉体の中に吸収されるカロリーは以前と同じ!

またホメオスタシス状態のときに、
激しい運動などを行っても
消費カロリーが少なくなってしまうので、
減量効果も得られないということになります。

ホメオスタシス状態をできるだけ避ける為には、
1ヶ月に数キロも体重を落とすような
急激なダイエットはしないこと!

1ヶ月の体重の減少を
体重の5%以内に抑えることが
最大の停滞期対策となるようです。

減量を成功させる為には、
ホメオスタシス効果について
覚えておく必要がありますね。

減量の停滞期を上手に乗り切って、
理想のスタイルを手に入れましょう。